サクラとアジサイ

HOMEトピックス

お砂踏み霊場開場と四国八十八ヶ所満願のお礼参り(11月19日~21日)

ko3.jpgko.jpgko1.jpg28ko.jpg
 11月19日に境内に弘法大師石像を建立点眼してその足下に四国各霊場から頂いた砂を埋め「お砂踏み霊場」を開場しました。その足で翌20日、21日の両日高野山、京都東寺に四国八十八ヶ所満願のお礼参りに行ってきました。
 平成27年4月より二十三名の同行と始めた四国八十八ヶ所の巡礼、平成29年14月13日に満願。私達は幸運にも八十八ヶ所に行くことが出来ましたが、諸事情でお参りの叶わぬ人にも、四国霊場各御本尊そして弘法大師の御利益ご縁を頂けるようにと願い「お砂踏み霊場」を開場しました。
 お礼参りの初日高野山では清浄な初雪の中を奥の院、壇上伽藍にお参りし宿坊に宿泊、冷気の中での朝のお勤め大変身の引き締まる思いがありました。21日の弘法大師の月命日には京都の東寺にお参りしました。おりしも東寺では有名な弘法市が開かれて、境内は人の波でごった返していました、今でもお大師さんのエネルギーを感じました。

秋葉山三尺坊の籠り(平成29年11月15日)

akiba_2.jpgakiba2_1.jpg
11月15日夜、寺近隣のご婦人達が集まり秋葉山三尺坊火伏のお籠もりをしました。以前は各町内で秋葉山をお祀りし、現在も祠は現存しますが実際お籠もりをするのは当山の近隣地区のみとなってしまいました。近年町内で火災が多発していますが、今は消防署任せで住民の自主的な火防意識が低下しているからでしょうか。昔は秋葉山にお祈りし、自分たちで「火の用心」と拍子木をたたき夜回りしました。ちなみに三尺坊の本地仏は観音菩薩と信じられ、その誓願は「失火と延焼と一切の火難を逃す。病苦と災難と一切の苦患を逃す。生業と心願と一切の満足をあたう」だそうです。

秋彼岸会行われる(平成29年9月23日)

29ahigan.jpg29ahigan5.jpg
今日は、晴天に恵まれ、沢山の檀信徒のお参りをいただき彼岸会が行われました。午前10時より先祖の総供養と住職の法話が行われました。

盂蘭盆会の施餓鬼(平成29年8月13日)

29bon3.jpg29bon4.jpg
8月16日、今日は京都五山の送り火。いよいよお盆も終わりです。
当山の盂蘭盆会のお施餓鬼は、13日の午前中に行われました。大変暑い日でしたが、天候にも恵まれ、沢山の檀信徒の皆様にお参りいただき先祖様のご供養をいたしました。

あじさい祭りスタッフの研修旅行(平成29年6月22日)

9ak3.jpg9ak2.jpg
6月22日あじさい祭りのスタッフ22名と研修お楽しみ旅行に行ってきました。行き先は、現在NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」ゆかりの龍譚寺と奥山方広寺です。方広寺は臨済宗方広寺派の大本山だけあって山奥の大変風格のある佇まいのお寺でした。ここの鎮守様は私達志摩地方の漁師さん達にも信仰の篤い半僧坊です。一同本堂や半僧坊の真殿にお参りしそれぞれ御祈願の後、龍譚寺に向かいました。龍譚寺は井伊家の菩提寺で小堀遠州の庭で有名ですが、それのみならず寺自身の環境がすばらしく、ちょうど時期のシャラ(夏つばき)やあじさいが美しく、梅雨の晴れ間のひとときを楽しみました。大河ドラマの影響で沢山の人出でしたが、これからのあじさい祭りに参考となる点も多く楽しい意義のある小旅行でした。
[P.1/4]